読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つぎはどこへ

幕末に飛んで斬られてしまいたい

【リジェフェス2017感想】\楽しかった、修学旅行!/【2日目昼夜】

はい。

Rejet Fes. 2017 『CHANGE』

2日目の感想という叫びです。

1日目は前記事を見ていただければ。

 

実際の順番関係なしに覚えている限りニュアンスで書いていきます。

 

◆剣が君

1日目のシナリオとは違い、2日目は鈴懸ちゃんが森の中にいい場所を見つけたというので香夜ちゃん、九十九丸、左京を誘って行くという流れ。

夜の部に前野さんが加わるという違いはありましたがほとんど同じ流れでした。

後のトークで逢坂くんが「鈴懸の声出ますか?」って言われたという話が面白かった……ww確かにけっこう高めの声だからなぁ

前野さんが「個人的にはアニメ化を期待している」とアドリブを入れていたところで会場がとっても盛り上がりました……!!!アニメ化!!!!して欲しい!!!!

鈴懸ちゃんが「言ったもん勝ちだよね」みたいなことを続けて言ってくれたのもよかった…;;;

シナリオに戻りますが鈴懸ちゃんが連れてきたところは蛍が舞う森の中にぽっかりと空いた場所で、左京さんのしみじみとした演技がさすが保志さんだなぁと思いました。左京ルートはよやらな……。

 

◆ディアラバ

シュウとキノという意味がわからない(他作品にも出る関係で集められた余りみたいな)組み合わせでした。

ディアラバは5周年記念プロジェクトの一環?としてそれぞれのキャラクターがTwitterアカウントを持ってますが、2日めのシナリオはTwitterでフラグが出ていました。

あんまりツイートするアカウントたちじゃないので、フェスに行っててTwitter見てないという人はぜひ見てください。新キャラのキノくんのキャラクターもそこそこ掴めると思います。

お金がほしいシュウと、ストリートで芸をして一発当てたいキノくんの利害が(たぶん)一致して「魔法使いキノ」がシュウに「わんって3回鳴け」とかちょっとシュウが屈辱を感じることを命じられてしまうんだけど、そこでキノのスマホ(キノはアプリゲーム大好き)を取り上げたシュウが立場逆転になって…!?みたいなシナリオでした。

普段なら絶対にない組み合わせだからこそシナリオも遊んだのかなーという感じでした。…いや、いつもか。

 

◆ディアヴォ

ディアヴォに関しては語彙力の霊圧が消える~~~;;;;

朗読は萌えたしライブパートも最高だったし、ディアヴォ本当に6人そろってライブイベントやってほしいいいいいい;;;;;;

あとユゥくんのキスがめっちゃディープだったあああああ「ちゅっ、…ぶちゅっ」てやってたああああああ花江ええええええええ;;;;;;

 

◆ふぉびすた

花江くんの「ライラだよぉ~🌸」っていうセリフが可愛すぎて後の2人どっかいったごめんなさい\(^O^)/

ふぉびすたはユニット「XYZ」の3人がまだ知名度が低い自分たちを覚えてもらおうと、自己紹介のフレーズを使ってコーレスをするという流れでした。

そこでライラがやる

ライラ「ライラだよぉ~🌸ふぁ~あ、眠くなってきちゃったぁ…」

会場「お願い起きてー!」

ライラ「はーい!♪」

というやりとりが!!!かわいくて!!!;;;あとの2人ふっとんだ;;;

たしか夜の部で「キルナ(逢坂くん)も僕みたいにやってみなよ~」ってライラが言って、逢坂くんがさっきのライラのやりとりをすることにwww(^q^ )

「後で覚えてろよ…」って言ったキルナくん最高でした

 

ダンデビ

……シナリオ。

なんか知らないけど学園の廊下を走ってリツカを探してたメィジとジェキが「さぁ!どっちを選ぶか決めやがれ!」ってなんか知らないけど(本当に何があったんだろう)

「魔力で魅了しよう」って二人が口説くんだけども。

そもそも最初の導入部分で「アンタはどっちを選ぶの!?」「お前はどっちを選ぶんだ!?」って2人が言うのに対して会場が「メィジー!」「ジェキー!」って言っちゃうものだから…wwww

ジェキ「ちょっと待ちなさいアンタたち!早まりすぎなのよ!!」

メィジ「今じゃねぇから!もうちょっと待て!」

って2人ともなんかごめんありがとうそういうの楽しいんだこっちは。

 あとたしか昼で口説いたジェキに対して

メィジ「ちょ、待てよ!」

ジェキ「それ木村違いだしデリケート!」

ってアドリブしてたのめっちゃ笑った。

夜は夜でメィジが「お前なんて目にブラジャー付けてるくせに!」って言うもんだから、口説く場面になったところでぎょすがわざわざ手で目の部分を隠しながら台本読んでてそこも笑いました。なんだよーーお前らめっちゃいいコンビじゃんかよーーー

ゲーム続編きてジェキルートも追加してくれよーーーーー

 

◆TYB

いやーーー!!!!たぶんもし神の流れだろうけど諏訪部のバビィ演技が見れていい経験ができました!!!

もし神の流れだろうけど遊佐の演技も見れたし、作品としてのコンセプトだったり出演していたキャラクターだったりの概要がつかめる感じの流れでした。

年数が経ってる作品なので知らないお客さんへ向けて説明と導入部分にとどめるだけだったように見えました。あと遊佐が最後のトークで「似てましたか?」って言ってたの笑った

私個人としてはTYB未プレイですがTwitter上でプレゼンをよくされるので、今回の朗読でより興味が出ました。

 

◆もし神

未プレイで申し訳ないんだけど、ご立派な「リジェットのお兄ちゃん(CV.緑川光)」がいるということは知っています。

テニスの試合前に着替え室にいるエース(鳥海)にキョウ(諏訪部)が差し入れを持ってくる。

「彼女(ヒロイン)が作った、の兄直伝のレモンの蜂蜜漬けだ」

というけれど、それ聞くだけでフラグ。

そこに乱入してきたシズカ(保志)とヒカル(遊佐)とごちゃごちゃする。

で、確か昼と夜でレモンを食べた人が違ったはず…。

食べたエースはなんか松岡修造風に熱くなって、シズカも頑張るんだけど、ぱっぴーがやる修造はなんかあごがしゃくれててそのうち猪木に…ww

これもきっと作品の雰囲気はシリアス寄りのはずなのにめっちゃギャグでした。

その場にいなかったのにお兄ちゃんが妹(ヒロイン)にゲーム内でどんな気持ち悪いことをしたかが暴露されてしまって、私は少しプレイする気をなくしました…。りじぇっとのおにいちゃんこわい

 

◆スタレボ

夏だっけ?ニコ生で発表されたキャスト4人が出てきて、MCの小野友と豊永とっしーの2人に仕切ってもらう形でトークをして、その後に曲を披露するという流れで、この作品に朗読パートはありませんでした。

全員若手ながらにも他作品ではメインどころを演じていたりするメンバーのようで、テーマカラーの黄色が客席で光っててとても綺麗でした。

けっこうアイドルっぽい曲調だったのはいいけれど、リジェ内でもアイドル系コンテンツが乱発されている印象があるので、ちゃんと生き残って欲しいなぁとかそういうことを考えてしまいました…すまん…みんながんばっててかわいかったよ……。

 

◆ピタドル

1日目と出演者の多少の違いはあれど内容はほぼ変わらなかったのでもう省略していいか!?!?!?!?

とにかくとっしーの吐息が1日めよりも多めだったんじゃ…;;;あれをシチュCDでやられたら私はもうとっしーをまともな目で見られなくなる;;;;(?)

 

 

新情報としては、スタレボの新ユニットとそのキャスト。

TYBがVitaに移植。

ゲーム新作が2本(うちキャストが発表されたのは1本)でした。

TYBが作品に入ってた時点で何らかの展開があるよね!とわいわいしてたんですがやっぱり移植きましたね!!気になっていたけれどハードがPCとPSPとあるし全体の本数もあるし、なかなか手が伸びていなかった作品なので、これを機会にプレイしてみたいと思います。

ゲーム新作としてはやったーーーー!!!!鈴木達央がメインヒーローだーーーーーーー!!!!!次のフェスにこいやゴルァーーーーー!!!!!!!‹‹\(´ω` )/››‹‹\(  ´)/›› ‹‹\( ´ω`)/››

続いて下野紘浪川大輔斉藤壮馬杉田智和ときたのでたつと下野はそろそろリジェフェス来てください。

若手らしい若手をもってこなかったあたりサブキャラとかにそういう枠があるのかな?と思いました。

正直コンセプト的にはもう1本のタイトルのほうが気になります。

夏のニコ生で深夜にやっていた株主総会で企画された設定となんとなく似通っているような印象があるので、ちょっとニコ生を見返したい…。

 

以上、けっこうたくさん打ち込みました。

現時点でかなり忘れている部分があるし、全通のデメリットとしてどの公演での出来事なのか混乱してしまっているところがあるんですが、今のうちに残さないともっと忘れる^^

そしてリジェフェス行った人でも行かなかった人でも、どうかアンケートに「映像化希望」の文字を入れておいてください。

直兄が自分のラジオで言っていたそうなんですが、現時点での映像化の予定がどうやらないらしいのです。

もうグッズの事後通販よりもまず円盤化です。

アンケートよろしくお願いします。

 

URL

https://rejetform.jp/rejetfes2017/

 

ありがとうございました!

【リジェフェス2017感想】ときめきはいいぞ。【1日目昼夜】

久しぶりの投稿です。

 

Rejet Fes. 2017 『CHANGE』

行ってきました。全通で。

 

リジェフェスは最初にアンフィでやったのだけ行ったことがありましたがそこからずっと行ってなかったもので、大きい会場でのフェスは初めてでした。

なぜ全通するつもりになったかは正直ノリとしかいいようがないのですが…w(好きな出演者は何人かはいたが本命はいなかった)(あとから追加されたけど)

ピタドルだとアルトくん推しになるので全通したらいっかーくらいな気持ちが発端だったかと。あと普段Twitterで交流している仲間が集まれるというのも大きかったですかね。ホテルの大部屋でお泊り会ができてとても楽しかったです。

 

そして本題の感想です。

いやーーーーー。なんか毎回TLで見るようなモヤモヤ感はぜんぜんありませんでした!!!むしろ幸福感でいっぱいになりました!!!!(実際1週間くらいお肌の調子がすこぶるよかった)

ステージの構成、朗読パートとライブパートの切り替え、カメラワーク、etc.

どれも満足できるものだったと思います!(ただし物販てめぇは許さねぇ)

なんといっても会場で新作発表をするというある意味での原点回帰も個人的に嬉しいポイントでした。発表の時間がくるたびに同行者の手をぎゅーぎゅーしてた。

以下雰囲気が伝わったらいいな程度で覚えてる限りで朗読パートの個人的な感想を。

実際の順番を考えずに思いついた順番で。

 

◆剣が君

1日目と2日目で出演者が違うため、シナリオが大きく分けて2パターンありました。

1日目は『五剣祭』(たしか)の縁日で貸衣装屋さんを見かけた縁、九十九丸、左京の3人がそれぞれ違う着物を着るという流れ。香夜ちゃんも着替えようね!みたいなよくある店舗特典CDのような流れでした(あれ、一気に茶番ぽくなった)

私は無印の剣君しかまだプレイできていないのですが、どうやらキャラたちが着替えたのは百夜綴りで着ていた着物だったようです。

 

そしてサブリミナルのごとくぶっこまれる『剣が君 百夜綴り』の宣伝…ww

 

◆勿忘草

作品としては大本命です。

公式学パロの『ワスレナ学園』のシナリオだったのでめちゃくちゃ嬉しかったです。(タワレコ全巻特典についてくるよ!れっつぽちっと!)

学園祭の出し物で「少子化対策」をしなければいけないと(書いててしみじみ思うけどなんで???)いうことで学園に女子生徒を呼び込もうと画策する斎藤と山南。

そこへちょっかいをかけにくる桂という流れで、ホウキを使い真剣勝負をする斎藤と桂*\(^o^)/*直兄と花江くんの「やぁっ!」「はぁっ!」のやりとりが生で聴けたのは個人的に最高でした。

山南の考えた出し物は何かという話で聞いてみれば「近藤さんのお掃除術講座」で『山南棒(松居棒です)』を売るというもの。……んん?????wwww

山南「なんと1本10円!」

斎藤「おぉ、適正価格……!」←

な ん だ こ の シ ナ リ オ ww

勿忘草本編はこういう話じゃねーから!!wwwどちらかといえばシリアスだから!!wwwもし知らない人がこれ見てCD買ったらどうするんだよ!!!wwwww

まぁ何がよかったかって3人のね!!キャラとしてのね!!いちゃいちゃがね!!

要約するとわちゃわちゃしてからの「あんなのほっといて俺と行こうぜ」×3のシナリオでした。(どうしてこううまく萌えが伝えられないのか)

 

◆ディアラバ

夜の梶くんも加わった3つ子2人のやり取りのほうが面白くて昼の記憶がけっこうぶっ飛びました←

悪さをして地下のお仕置き部屋に閉じ込められたアヤトとカナト。いつものように喧嘩をしていたらカナトが壷とかが置いてあるところに突っ込んで倒れこんじゃった!

からの、

カナト「アヤト兄さん♪」

アヤト「!?」

会場「!?」

どうやらカナトが頭を打ったらしくて性格が変わっちゃった!!

カナト「全部僕が悪いんです!!さぁこのナイフで僕を刺してお仕置きしてください!」

アヤト「やめろ!近づくな!」

閉じ込められたドアをこじ開けて逃げるアヤト。

一人になったカナトが

「ふふふ、まんまと騙されましたね。面白いからしばらくこのままでいましょう」

演技派だったー……、というお話でした。リジェフェスのアヤトってだいたいかわいそうじゃない??

リジェフェスで3つ子揃った朗読を見たいなぁ……。

 

◆ディアヴォ

いや!もう!なんていうか!会場のディアヴォに対する熱量がすごかった…。

ディアヴォに関しては語彙力の霊圧が消える><

2階席で見てたけど黄色い声が一番多かったような…??

レオたまは彼女ちゃん大好きだしモモチは裏の性格が怖いのに演じてるのがとっしーだからイケボだしユゥくんはもうなんか花江くんが目の前でやってると萌え度が増した…(;;)かわいいなぁみんな…。

 

◆はぴしゅが

さとぅてめぇ着ぐるみで喋るくらいなら中身こいや。

録音芸という新しい芸を身に着けた鈴木達央は生身でフェスに来てください。

さとぅのせいでほかのシナリオぶっ飛んでる…たしかカフェに来るプリンセスに愛の魔法をかけるっていうシナリオだったはず…。

昼の部ではいのりちゃんがテーマソングを歌って、夜では蘭々が歌いました。どちらも振付けが可愛らしくて…。お決まりのさとぅも一緒に踊ってました。だから中身が来いよ

 

◆クリミナーレ

パーティー会場に招待客の振りをして潜入し、通称「アルミ」と呼ばれるものを大量生産しているという組織の実態を調査するというシナリオ。

ジェラルド「法外な値段で取引されているアルミを適正価格に下げさせるんだ!」

……/(^o^)\ナンテコッタ

ジェラルドとダンテは完全に真面目モードだからクスクス笑うしかないwww

セリフで「テンペスタは○○、ルチアは○○~~で待機だ」という感じでその場にいなかったキャラの名前も出してくれたのが嬉しかったです。妄想の幅が広がる。

余談ですが他の部は「アイラブリジェットー!」って全員で言って終わっていたのに、この夜の部だけは「適正価格~~!!」って叫んで終わりました。本当にアレでよかったのかな…www

 

◆幽ロマ

フェス会場の客席にいるヒロインを、痛バを装備したオタクなハナヲとアラハギがステージから妖術をつかったりして探したり会話したりというシナリオ。

ハナヲ「この場所でなら姿を見せても誰も不思議がらないよ」

アラハギ「花を背負ってグッズを買いにきたらみんなびっくりすると思うよ?」

私(そもそも会場でそんなかさばる格好してたら迷惑や)

 

◆ピタドル

シャイニングスターTV(たしか)で、様々なシチュエーションに応じた告白のセリフ&キスを演じ、一番観客の票を集めた人が優勝というシナリオ。

昼の部が「友達からの脱却」で夜の部が「夜のイルミネーションデート」でした。たぶん。

私がアルト推しなのでアルトくんにひたすらきゅんきゅんしてたのとらぐぽ先輩たちの色気と吐息がやばかったのしか覚えていませんごめんなまじふぉ!!

 

 

 

ブラウルとふぉびすたに関しては梶くんが頑張っていたのと増田がひたすら「ミザリー」って言っていたのが強烈に残っててそれ以外がなんとも…。記憶の容量が足りなかった…。

あ、ふぉびすたの朗読パートにらぐぽのキラくんが突然きて「お前らこれから出番か?頑張れよ!」って言って去っていきました。

リジェアイドルのクロスオーバー…。

 

新情報としてはタナトス、幽ロマ、クリミナーレの続編。

あとピタドルのシチュCD、シャッフルのベストアルバムでした。

個人的にはクリミナーレ気になりますね。

ピタドルのシチュCD待ってたあああアアアアアアアアア(((o(*゚▽゚*)o)))

らぐぽやばそう。

 

次2日目の感想っていうか叫びです。

超個人的シチュCDアカデミー賞2015

こんばんは

前回の記事からかなり間があきましたが、この度Twitterにてタイトルの通りのタグが流れてきましたので乗るしかないこのビッグウェーブにと思いましてキーボードをがっちゃんがっちゃん。

今年出たCD全部は聴いてないんですが、まあ超個人的、なので。独断と偏見。

※以下、18歳以上推奨CDについて語ります。

 

後程個人的に大好きな「平井達矢部門」も紹介します。

あともう賞の名前はフィーリングです。考えるの面倒で…ww

 

【作品賞】

磔(はやにえ)( 『磔(はやにえ)』第1巻 −籠の中の聖域と甘美な束縛−|ダブリルムーン )

個人的に文句なしです。ダブリルムーンさんは元々なんかとりあえずエロいのとたまに斜め上の爆笑ネタぶっこんでくるんですが(Y字バランスとか)、まぁこれ真剣にこのセリフを言ってるんだとしたらとんでもない馬鹿ですよ(褒め言葉)。爆笑したりうぇ~エロいってなったりは!?そのセリフそういう意図で!?ってなったり忙しかったです。

シナリオの堀川ごぼこさんのセリフの言葉選びが個人的にツボることが多く、レーベルごと応援していきたいと思いました。ただ店舗特典コンプしないと楽しめなかったりするところが大変。ある意味諦めも必要。

 

 

【シナリオ賞】

愛玩人形あるいはアダムの肋骨( 愛玩人形あるいはアダムの肋骨 - 株式会社ニノヤ(NiNO) )

まずタイトルに「!?」って思ってあらすじ読んで「なにこれ楽しそう」って思って次々と発表されるキャストに「あ、これやばい」とわかり第1巻の沖野さんを聴いて「こういうのしゅきいぃいぃぃぃぃ///」ってなった。

奥さん(聴き手)を亡くした博士が奥さんの体を使ってラブドールを作り出すってオイオイな展開だし体液とか血液とか「当時の技術でそんなことできるかい!」ってつっこんだら負け。だってファンタジーだもの。

いま製品紹介を見たらわかるけど当時のキャスト発表の「アッーーーーまさかの最後にキャスト一周ぅーーーーっ!!!」の私の興奮たるや。気になるキャストがいらっしゃったらいっそ全巻聴いてください。繋がってます。単品で聴けないこともないですが全巻聴いたら伏線だらけですので。

 

 

【新人賞】

村野住人 → 作品:えねみーかっぷりんぐ( えねみーかっぷりんぐ | milky chain )、でーとびより( でーとびより | milky chain )

個人的にはえねかぷの優月くん最高。高めの声で無邪気系キャラがよく似合う。最中の切羽詰まった感じの演技が本当に堪えられない堪らない!!って伝わるから聴いてるこっちも「ん?自分の欲望に素直になってえぇんやで?ん?^^」ってなった。知ってる。私変態だよね。これからもっと大人なキャラもするのか同系統を演じるのかはわからないけど今後が期待できる一人。えねかぷ特典の分身するほうでは低めの声もやってたりするのでイケメン系も期待できる。

 

 

◆平井達矢部門

【作品賞】

狂愛カタルシス 篝火( 狂愛カタルシス/オリジナルシチュエーションCD )

狂愛~シリーズは総じて脚本もさることながらキャストも演技派を持ってくるのですごく引き込まれるんですけど、まぁ設定からしてエロかったなぁって。本当に「狂愛」で、男性も、愛される女性(聴き手)もだんだんと狂っていくのがよくわかるから夢中になって聴き入りました。トラック9で出てきたアイテムに「うぇーーーーーーーーーーいい!!!!wwwwwww」ってテンションが上がったのは私だけですかいや他にもいたと思いたい。

時代背景も相まって作家という職業と不倫(二股)というシナリオが良い引力を生み出しており、昼ドラを1クール味わったように思いました。お腹いっぱい(色んな意味で)。

篝火と氷月の2枚同時発売だったんですが、これどちらかの設定やキャストが好きならどちらも聴くべきだと思います。店舗特典はステラが個人的にオススメです。

 

 

【シナリオ賞】

終末のエスペランサ( 終末のエスペランサ | 花鏡 )

アマネえええぇえぇぇぇぇぇぇええぇぇぇえぇえ。゚(゚´ω`゚)゚。

一番泣いたと思いますズルいぜこの設定でCV.平井は!!!!!

ウィルスによって滅んでいく世界の終末を彼と迎えるにあたって互いにどうするか、っていうテーマでアマネさんのキャラ設定+CV.平井達矢=萌え死ですぜひサイトを見てくださいあとアマネさんの『秘密』は平井さんの演技力あってのものです。たまらん。

あとここで言うのもなんですが公式サイトのSSっていつまでcoming soonなんですかね。

 

 

 

という感じで2015年もよくCDを聴いた年でした。(積まれた作品の山を眺めながら)

来年はまだまだ推奨CD業界も加速していくんでしょうかね。

そろそろ店舗特典の乱発は大人しくなってほしいと思います。

お読みくださりありがとうございました!

新撰組比翼録 勿忘草 伊東甲子太郎 を勿忘草を聴いたことがないひらクラさんへ勧めたい。

初めまして、少しだけお時間をください。

勿忘草シリーズを初期からずっと追いかけているここ数年の平川大輔クラスタの私ですが、今回の伊東さんをどうかどうか、勿忘草を聴いたことがない平川クラスタさんに聴いてほしくてキーボードをがっちゃんがっちゃん叩きながら訴えたいと思います。

まず『勿忘草』がどういうお話なのかということについては、公式サイトを見ていただいたら多少はわかるかと思いますのでお手数ですがこちら(【新選組比翼録 勿忘草】オフィシャルHP)を見ていただければ…。

 

 

新撰組 勿忘草シリーズについて

新撰組を題材にしたゲームや小説などで歴史の流れを知っている人がたくさんいそうだと思いますので、『勿忘草』について公式サイトの説明に多少の補足を。

池田屋事件の夜に、騒動から逃げていた不貞浪士に居合わせてしまい両親を斬り殺されてしまった一人娘。それがヒロインの「下女ちゃん」です。

ちなみに小料理屋の娘でもあります。料理上手っていいね_(:3 」∠)_

両親を斬られてしまったところに居合わせた斎藤一(CV.高橋直純)に拾ってもらい、新選組で下女として働くようになります。

その八木邸が屯所の頃に新撰組の紅一点となった下女ちゃんと新撰組隊士たちとの『ひとには言えない ひとよの、逢瀬』。それが始まりです。

伊東さんは新撰組に途中から入隊するので、その頃には下女ちゃんはもう屯所の一員となっているという具合です。

さぁこれで勿忘草の背景がなんとなくわかりましたね?

「でも第弐巻だけ買っても話がわからないんじゃないかな」

そんなことはないですよ今お話したことが頭に入ってればだいじょーぶ!

 

 

伊東甲子太郎(CV.平川大輔)の魅力

さぁここで伊東さんに焦点をあててお話します。

まずは公開されているサンプルを聴いていただいてよろしいですか…っ!

http://rejetweb.jp/wasurenagusa3/#chara2

聴きました?

はい、要するに彼は「チャラ男」という部類ですね。

 

だけども!

 

伊東甲子太郎が歴史上何をした人物かを思い返してください。

新撰組に違う風を吹かせ、世の中を刀ではなく頭で、知識で良くしようと尽力していた人です。

私はそこまで多くの新撰組を元にした乙女向け作品を経験したわけではないですが、「伊東さんから見た新撰組」を描いたシナリオって、あまり見たことがないのです。というか私は初めて出会いました。

隊士たちに勉学の会を開き知識を授け、新選組を揺るがせた、文武両道の志士。

そんな彼は、何を考えて隊士たちに講義をしていたのか。

そして、どうして離隊して御陵衛士という別の組織を作ることとなったのか。

これまで悪者扱いされがちだった伊東甲子太郎という人物への認識を改めないといけないなと感じました。

 

…で。それを演じるのが平川大輔さんです。

ひらかーさんが演じるのです。ほら、気になりません?

新規キャラに降りるのはやや遺憾の意ですが、これは、良かったです††

 

 

 最後に

ここまで読んでくださってありがとうございます。

そんな伊東さんのCDですが税込2160円でなんと2枚組です。

公式のブログで「CD限界の分数」と言われるくらいに詰め込まれた密度の濃いお話となっています。

第3シリーズの「比翼録」なので、悲恋ではありません。ハピエンです。

…伊東さんの史実を考えたら負けです。そこを妄想するところまでが私たちのお仕事なのでしょう†

チャラいひらかーさん、狂気的なひらかーさん、切なく泣くひらかーさん、色っぽいひらかーさん、ほわほわしたひらかーさん、舌遣いがうまいひらかーさん!!!!

あらゆるひらかーさんが詰まってます。どうか、どうか聴いてください…そして良ければ他の隊士のCDも聴いてください…。

ありがとうございました。